フル乗車時には荷物をあまり積めない

ハッチバックはバックドアを持つ車種の一つであり、内部のシートを動かすことによって時には人を乗せ、時には荷物を積んでと用途を分けられるようにしている特徴があります。
一般的にこうした車を求める人は、セダンやクーペよりもどれだけのものを詰め込むことが出来るかと言う事を重視する傾向にありますが、場合によっては、本来トランクスペースが大きいはずのハッチバックのほうがものを詰め込めなくなってしまうということもあるのです。
それが、フル乗車時の問題です。
現在販売されているハッチバックのほとんどは基本的に、後部座席を倒すことで広いトランクスペースが確保できるようになっていますので、後部座席を倒せないような状態だと本来用意されているはずのスペースを活用することが出来なくなってしまうのです。
実際のトランクスペースを比較してみるとハッチバックよりもセダンのほうが広いという場合もありますので、実際に旅行の際などに使ってみると思っていたよりもものを載せることができなかった、ということは比較的よくある問題です。
背の高いものを詰め込むのであればステーションワゴンは非常に有利になりますが、言い換えれば「トランクスペースを最大に活用するには背の高いものを積むか、積み重ねることが必要」ということができるでしょう。

Comments are closed.