ハッチバックの特徴

ハッチバック車とは自動車の分類の1つです。このタイプの特徴として、自動車の全長に対して荷物を多く載せることが出来ることできます。理由として、後部座席とトランクに仕切りがなく、後部座席を倒すことによりスペースを確保することが出来るためです。通常、多くの荷物もしくは大きな物を積むにはバンなどの大きな自動車が一番適しています。しかし、車体が大きい自動車はそれだけで、燃費や重量税、さらに排気量の大きさから来る自動車税などで維持費が多くかかります。また、車体が大きい分取り回しも悪くなってしまいます。駐車スペースがない方や運転に自信がない方には厳しい面があります。このタイプであれば、車体の大きさは大きくてもセダン程度の大きさであるためよほどのことがない限り、スペースに困ることはありません。また、取り回しも当然良いです。他にも、車種によってはスポーツ走行が可能なものもあります。通常のスポーツカーではトランクと後部座席に仕切りがあるため、大きな荷物は運ぶことは出来ません。その点このタイプはスポーツ走行もでき、なおかつ荷物を運べるのは魅力の1つであります。ちなみに、軽自動車もこのタイプであることが多いです。理由は前述した通り、限られたスペースを有効に活用するためです。

Comments are closed.