ハッチバックの長所

ハッチバックとは、4ドアのセダンからトランク部分を除き、コンパクトにしたような構造をしています。
ハッチバックとは、車の背面につけられた跳ね上げ式のドアが、甲板につけられた跳ね上げ式扉に似ていることからつけられた名称です。メーカーによっては2ボックスという呼び方もあります。エンジンが入っているボンネット部分と、シートのある車室部分、二つの箱型空間を持つためにこの名称で呼ばれます。
前述のようにハッチバックタイプの車にはトランク部分がありません。しかし、荷物を積み込みたい場合は、4つあるうちの後ろの二つのシートを倒すと、後ろ部分を丸ごとトランクスペースにすることができます。背面のドアは大きく設計されているため、大きな荷物の積み下ろしもストレスなく行うことができます。
乗用車は小回りが利いて省スペースのコンパクトカーが便利だけれど、トランクが小さいのはちょっと……。という方は多いと思います。そうした方には、このハッチバックの長所は魅力的なのではないでしょうか。
コンパクトながら、セダンのようにも、バンのようにも使うことができます。しかもバンやワゴンよりもスマートなデザインのものが多く、女性を中心に人気の高い車です。

Comments are closed.